七五三って何をするの?どんな準備が必要なの?知っておきたい基本情報をまとめました

子供にとって大切な行事として挙げられるのが七五三。しかし、七五三という言葉自体は知っていても「具体的にどんなことをすればいいのか分からない」という親御さんは意外と多いのではないでしょうか?今回はそんな方のために、七五三では何をするのか?どんな準備が必要なのかついてご紹介していきたいと思います。

目次

そもそも七五三とは何か?

まずは、そもそも七五三とはどんな行事なのか?という点について解説していきます。

七五三というのは簡単に説明すると、子供の健やかな成長を祈るための儀式です。七五三の起源は室町時代まで遡ると言われており、後に江戸時代になってから関東を中心に全国へ広まっていきました。

昔の時代というのは現代のように食料が豊富なわけではなく、医療も発展していません。そのため当時は乳幼児のうちに亡くなってしまうお子さんも多く、生まれてから 3~4 年経って初めて戸籍に登録されていたそうです。

そこで、3 歳・5 歳・7 歳という節目の年齢まで無事に成長したことを祝い、今後も子供が健やかに成長していくこと願って七五三の習慣が生まれました。

七五三ではどんなことをする?

七五三では主に以下の3つのような行事を行います。

  • 七五三の御祈祷をしてもらうために神社にお参りに行く
  • 参拝当日や前撮りで七五三の記念写真の撮影をする
  • 親族で食事会をする

それぞれどんな準備が必要なのか、詳しく解説していきます。

1:七五三の御祈祷をしてもらうために神社にお参りに行く

七五三のメインイベントとしてまず頭に浮かぶのが神社へのお参りです。お参りに行く神社はその土地の守り神や氏神様が祀られている神社を選ぶという通例ですが、現在ではそこまで形式にこだわる必要はありません。家から近い神社を選んでもいいですし、着付けやヘアメイクスタジオの近くで参拝するといった決め方でもよいでしょう。

七五三の参拝日は11月15日となっており、これは江戸時代に徳川家の将軍が11月15日に息子の健康を祈って神社に参拝したという説や、7・5・3 を足 すと15になるから15日になったという説があります。しかし、日にちについても必ず11月15日でなくてはならないといったことはなく、自由な日取りで参拝しているご家庭がほとんどです。ご家族の予定やお子様の成長や体調に合わせて参拝日を決めましょう

また、七五三で神社に参拝するとき、神主さんにご祈祷を行ってもらうご家庭も多くあります。ご祈祷は神社によっては予約が必要な場合もありますので、余裕を持って早めに相談し、ス ケジュールを決めておくとよいでしょう。

ご祈祷をする際は祈祷料を用意するのがマナーです。祈祷料の相場は大体 5000~1 万円ほどとなっていますが、こちらも念の為事前に神社に相談すると間違いがなく安心です。祈祷料は紅白ののし袋(金銀で蝶結びの水引がついたもの)に入れてお渡ししましょう。

2:記念写真を撮影する

次に七五三で欠かせないのが記念撮影です。七五三の参拝当日に撮影することもありますが、最近では前撮り後撮りと、記念写真は別の日取りで予約を取るご家庭が増えてきています

というのも着物というのは普段着慣れない服装ですのでお子様も疲れてしまうからです。着物を着て参拝し、記念撮影をするとなるとご機嫌も悪くなってしまい、せっかくのお祝いの日が台無しになることも。そうならないためにも、七五三の参拝日と記念撮影日は分けるのがベストです。

七五三の記念写真は、フォトスタジオやフォトグラファーに依頼しましょう。記念撮影をする際の衣装としては、男女共に着物や袴、羽織などの和装がおすすめです。また、洋装の場合はスーツやワンピース、ドレスなどフォーマルなものを選ぶのもいいですね。

着物を新しく購入したり、既に家にあるものを使用する場合、撮影日が近づいてきたタイミ ングで肩上げや腰上げなどを行い、その時の子供のサイズにピッタリ合うように調整するのを忘れずに。撮影用の着物をレンタルする場合は、足袋や着物用の下着などは自分で準備しなければならないのか、髪飾りなども同時に借りられるのかを事前に確認するようにしましょう。

3:親族で食事会をする

神社への参拝や記念撮影が終わったあとは、家族あるいは親族で一緒に食事会をするというご家庭も多いです。レストランや料亭などの場合、七五三向けのお祝い料理のプランを用意しているお店もあります。お子さんの好みなどに合わせて、周辺のお店を調べてみましょう。

また、自宅で食事会をしたいという場合はお祝い料理の宅配サービスを利用するというのも1つの手段です。食事会の際は着物が汚れてしまわないように、あらかじめ着替えておくのがいいでしょう。 特に衣装をレンタルしている場合は、先に返却してから食事会に向かうのが得策です。

まとめ

今回は七五三ではどんなことをするのか?どんな準備をしておけばいいのか?という基本的な情報をご紹介しました。

七五三は子供の健やかな成長を祈る儀式というだけではなく、「こんなに大きくなったんだな」と成長を写真に収める絶好の機会でもあります。参拝する神社や衣装の準備や予約、七五三の記念撮影の手配などを事前にしっかりと行い、素敵な七五三を迎えて下さいね!

七五三の撮影・着付け・着物レンタル予約はシュヌールスタジオへ

台東区浅草橋にあるシュヌールスタジオでは七五三の前撮り・後撮りの予約を受付中 。

シュヌールスタジオでは、お子様の着物のレンタル・着付け・ご家族の着付けヘアメイクなどの

お支度・スタジオ撮影・ロケ撮影、全て可能です。

また、前撮りの際は撮影ヘアメイク着付け、当日はお支度のみといったご予約も受け付けております。

浅草橋には穴場の参拝神社が多数あり、ゆっくりとしたロケ撮影ができるため

「ご家族だけでまったりと七五三の記念写真を撮りたい」といったお客様からご好評頂いております。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる